楽器

「購入後の印象」アントニオ・マリンを購入致しました。

1983年製のアントニオ・マリンが自宅に届きました。
大方のチェックを終えましたのでレビューを投稿致します。

試奏の時点での印象は下記の記事に書いております。
「試奏の印象」アントニオ・マリンを購入致しました。|クラシックギターの世界

まだ届いて開封してから1~2時間の状態です。
新たな気付きがあれば、この記事に追記・修正します。

外観のレビュー

ヘッド周り

モデルBと呼ばれるタイプの形のヘッドです。
木目の豊かなハカランダが突板として貼られています。

改めて見て気がついたのですが、このデザインはロマニリョス等と同じモチーフでしょうか。
晩年の黒いヘッドですと、これに気が付きませんでした。

糸巻き

フステーロの糸巻きが付いています。
巻き心地はあまり良くありません。
ペグの一つ一つで感触が違います。
私はライシェルの巻き心地も嫌いではないので、フステーロも愛せると思います。
デザインは素晴らしいです。
ロジャースはもちろんかっこいいのですが、「ベンツやBMWの車を求めていたらベントレーが来た」位に威厳がありすぎるのです。
庶民的な良さのある糸巻きは安心します。

ネック周り

マリンならではの形が良く弾きやすいネックです。

ヒール周りです。
購入前にギター仲間の友人と「材料2つをくっつけた作りではないか」と話していました。
が、違いました。
4層(ネックも入れると5層)になってます。

裏板

アントニオ・マリンの中ではかなり上位のハカランダです。
ちっちゃい節はあります。
ハカランダ使用の割には結構楽器が軽いです。
1465gでした。

表面板

中々にオーラを感じる表面板です。
写真では写っていないですが、表面板・ネック・ヘッドに細かいキズは多いです。

木の色を活かしたロゼッタです。
これを見ると「マリン!」という感じがして良いのですが、何かイメージソースはあるのでしょうか。
飾り気を押さえつつも、この時代の他のギターよりも現代的なところが「らしい」ですね。
ギターのデザインは、日に焼けたり、経年で変化しても様になるものでなければなりません。
追記:離れてみると、このデザインはブーシェのロゼッタのように見えます。
晩年のモデルBと何故ここまで印象が違うのでしょうか。
木の色ムラかもしれません。

ブーシェオマージュのラベルです。
モデルBはずっとこちらですね。
ブリッジ周りです。
こうしてみると、かなり表面板のグレードが高いと思います。
牛骨?の装飾が張ってあるブリッジです。
これもありそうで無いところが良いです。
市販で完成品として売っているものかもしれません。

音のレビュー

きめ細やかな爽やかさ

前の試奏時のレビューでは「暖かみ」という表現を多用しましたが、これは少し違いました。
(店内の音で詳細に聴き分けることが出来ず)
【追記】暖かみのある伸びはオーガスチン赤の個性でした。

1990年以降のマリンが持つ「爽やかさ」と言われる要素を極めてきめ細かくした印象があります。

手元に届き、調弦した直後は音が細く感じましたが、しばらく経つと本来の音の太さになってきました。
それでも音は過剰に太くなく、2弦と3弦の差が小さいです。
3弦のカーボン弦は不要と思います。

基本はマリンの音なのですが、忘れた頃にブーシェ的な強さや深みを感じます。
現代的な分、ブーシェのような重さは無いです。

全ての音が伸びる、鳴る

高音から低音まで、全ての音が伸びます。
この音質の良さのまま、この伸びを達成したのは偉業だと思います。
伸びの面では1990年以降のモデルBやモデルEの方が強力だと思います。

鳴らないポジションはほぼ無さそうです。
(音がビリつく箇所はあります)
ポジションマークが無かったのですが、どこでも鳴るので1フレットズレて弾いても(♭が入っても)音の伸びが変わりませんでした。

ブレない・暴れない低音

音が伸びる楽器にありがちな音のブレがこの楽器にはありません。
かなり伸びる音質なのに、落ち着きを保っています。

前の記事に書いたほど、「低音の倍音のブースト」は強烈ではないです。
強く弾くと、ひたすらにブレずに音が伸びます。
弦が新しかったり、楽器が馴染むとまた変わるかもしれません。

調整の余地はありそう

今回の楽器はアントニオ・マリン氏のナット・サドルがそのまま残っていたような気がします。
普段私がやっている調整のやり方とかなり違いました。

ナット・サドルを作り直せば、もう少し音が太く・柔らかくなるのではと企んでいます。
(悪くなったら、元に戻します)

やはりあのギターに似ている

最近弾いた楽器ですと、ウーゴ・キュビリエに音や反応が似ています。
元々キュビリエはパコ・マリン等と似ているので、当然かもしれません。
もちろん、ラティスのような音量・音質はありません。
(一瞬、キュビリエも欲しくなったのですが、買う理由が完全に無くなりました)

過去に弾いた・持っていた楽器の中では、ローズウッドのドミニク・フィールドにかなり似た音です。
ドミニク・フィールドはローズウッドだったからか、手元にあるマリンの方が音のピントが合っているように思います。

この楽器でないと駄目?

「80年代のアントニオ・マリン」には、そこまでこだわらなくても良いと思います。
結局、ブーシェではなくアントニオ・マリンです。
音質重視なら、ジャン・ピエール・マゼ等の他のブーシェモデルから探した方が良いです。
マリンの音は少し軽くなります。

ただ、私の場合はこの楽器を待って良かったと思います。
(どっちやねん)
音質と音量・機能性のバランスが絶妙です。
マリンの鳴り方が好きで、音量や伸びを落としても音質が欲しい方には良い選択肢です。

マリンは音の芯は太くないのですが、ブーシェよりも楽器としてのタフさがあります。
強い芯としなりの両方によって、楽器がヘタることは無さそうです。

アントニオ・マリンの購入後の印象まとめ

「通常のマリンと骨格やバランスでありながら、音色は気品のある爽やかさがあり、低音までよく伸びる」という感想は試奏時とさほど変わりません。
手元で冷静に弾いてみて、現実的にこの楽器の良さを確かめることが出来ました。
購入して大正解だと思っております。
(思い込ませております)

この楽器については、私が購入する前にギター仲間のおうどんさんが試奏してレビューを投稿していました。
(まだ楽器が鳴りきっていない状態だったと思います)
ギター試奏 アントニオ・マリン・モンテロ 1983 ブーシェ・マリーン | クラシックギターマニア おうどん

私の試奏時の印象もまとめておりますので、合わせて御覧ください。
「試奏の印象」アントニオ・マリンを購入致しました。|クラシックギターの世界

最後までご覧頂き、誠に有難うございました。