初心者向け

【無料楽譜】初心者向けクラシックギターの名曲5曲を紹介する。

この記事では、無料で入手できる初心者向けのクラシックギターの名曲を5曲紹介します。
今日初めてギターを手にした人でも弾ける」がテーマです。

初心者向けのクラシックギターの名曲紹介では「F.タレガのラグリマ(涙)」や「ヘンツェのノクターン」「禁じられた遊び」「F.ソルの月光」等が掲載されているでしょう。
これらの曲は、ギターを手にしたばかりの初心者では弾けません。

クラシックギターの初心者が無理なく「タレガのラグリマ」レベルへ到達するための道順をまとめます。

段階を踏むと上達は速い

ギターは指さえ動けば音は出ます。
ですので、いきなりちょっと難しい「ラグリマ(涙)」「ノクターン」のような曲を弾くことも可能です。

ただし、細かく段階を踏んでいないので、この段階で心が折れてしまう方も多いでしょう。
1桁の九九がちゃんと出来ていない状態で、2桁と1桁の掛け算をするのに近いです。

やる気と根気がある方でも、簡単な曲を5~10曲弾いて頭に「楽譜を読んでギターを弾く」回路を作ると上達がスムーズでしょう。

遠慮なく、動画のマネをしよう

クラシック音楽の演奏では、楽譜を読んで音楽を自分で作ることが重要です。
ただし、初心者のうちは動画のコピーで構わないと思っています。

技術がない状態で楽譜を読んで、指を動かしていると「ストレスが大きすぎ」ます。
はじめのうちは動画を真似して、とにかく楽な手段で上達しましょう。

① 練習曲(イ短調)/A.カーノ

1曲目におすすめしたいのがA.カーノの練習曲です。
音名(赤字)と簡易タブ譜(青字)を付けました。
「⑤0」は⑤弦の開放弦(押さえない)、「③2」は③弦の2フレットを押さえます。
以下の要素があります。

  • 遅く弾いてもサマになる
  • 伴奏とメロディがある
  • ギターを持った日から弾けるレベル
  • 低音を親指で弾く
  • メロディを人指し指と中指で交互に弾く
    (同じ指で連続して弾かない)
  • クラシック音楽のエッセンスが短い中に詰まっている
  • コンパクトだけどドラマチック

② ワルツ(ハ長調)/F.カルリ

2曲めにおすすめしたいのがF.カルリのワルツです。
金鳳花ワルツを使いたかったのですが、著作権がありました。
今度は簡易タブ譜から弦の番号を省略して、フレット数のみ記入しました。
このように、1~4フレットしか使わない曲は「左手の指番号とフレット数が一致」します。
(青字のみ、一致していません)
左手の番号は、人差し指→小指の順番に「1、2、3、4」です。
以下の要素があります。

  • 前半が長調(明るい)、後半が短調(暗い)
  • 音を2つ同時に弾く場面がある
  • 3拍子のワルツの楽曲である

③ アンダンティーノ(ト長調)/F.カルリ

3曲めにおすすめしたいのが、F.カルリのアンダンティーノです。
楽譜が濃くなったように見えますが、やっていることはあまり変わっていません。
今度は「本来の楽譜で使われている指番号」を記載しました。
以下の要素があります。

  • 親指と中指で同時に弾く回数が多く、技術的に指のバランスが整う
  • シャープがファ(F)に付いている
  • 低音の動きを追ってみよう

④ 練習曲(イ短調)/D.アグアド

4曲目におすすめしたいのが、アグアドのアルペジオの練習曲です。
(アルペジオ=和音をバラバラにして弾くこと)
以下の要素があります。

  • 「親指→人差し指→中指→人差し指」のパターンのアルペジオである
  • 3小節目は指が開いていないと押さえにくい
    (1フレットに指を1本ずつ置く)
  • 最初はかなりゆっくり弾く
  • 上達したら、下記の動画の方のように高速で弾いてみる

⑤ アンダンテ(イ短調)/F.カルリ

5曲目におすすめしたいのが、カルリのアンダンテです。
以下の要素があります。

  • ちょっと長い曲だが、大したことはしていない。
    ゆっくり取り組めば、最後まで弾ける
  • 前半が短調、後半が長調
  • 右手のパターンが複数登場する

無料の初心者向けクラシックギター曲まとめ

今回紹介した曲は、いわゆる超定番曲を上達段階を考えて並べています。
全てクリアすれば、「鳥のヒナが巣を飛び出して自由に空を飛べる状態」になれるでしょう。

「ラグリマや月光、禁じられた遊び」等、初心者向けと言いつつも実はあまり初心者向けではない曲も、これらをこなしておけばさほど抵抗なく取り組めます。

最後までご覧いただき、誠に有難うございました。