演奏技術

脱力と力の効率を整理する。(脱力の誤解)

私はクラシックギターの演奏における脱力について、誤解していました。
その気付きを記事にまとめます。

その他の脱力に関する記事はこちらです。
演奏における脱力とその方法を考える。
楽器演奏における脱力方法、力みの対策を考える。(思考編)

効率良く、大きな力を生むべき

ギターはそれほど大きな力を必要とせずとも弾けてしまうものです。
ウエイト競技や格闘技、球技等のスポーツと比較すると一目瞭然です。
自分の限界が数値化されたり、相手がいる場合は限界の力を発揮する
必要があります。

ギターの最大音量(フォルテッシモに)必要なエネルギーは、
短い時間、少ない回数なら誰でも出せてしまうものなので、
自分の身体の持つエネルギーを効率良く伝えることを忘れがちのように思います。

どうやって「楽」に弾くか?

ギター演奏は大きな力が要らないがために、
「効率良く大きな力を出すこと」を忘れ、
どうやって「楽に弾くか」に着目しがちです。

スポーツや格闘技で例えるとすれば、
「棒立ちの状態」が単純に「楽」な姿勢です。
しかし、対戦相手やボール等の対象に大きなエネルギーを伝えるとしたら、
いわゆる「パワーポジション」の姿勢を取るべきです。

楽器演奏とスポーツは、身体を効率的に動かすという点において同じ
と思っていますので、
ギターだけが例外で単純に「楽」な姿勢を取るべきとは思いません。
(ギターはスポーツじゃないよ、という方もいるでしょう)

どんなフォームでもある程度は弾ける

足を組んだり、支持具を使ったり、どんなフォームであっても
元から弾ける人は「普通に」演奏できます。
繰り返しですが、ギター演奏にそれほど大きな力は必要ありません。

ただ、効率良く大きな力を発揮できることによって、
音に余裕や伸びやかさがあるか、長時間の演奏に耐えられるか
等の違いが生まれます。

残酷な話ですが、音の違いや肉体の感覚などの細かい違いについて、
ほとんどの人は違いを感じ取れません。
(ギターに支持具を使った場合の音の変化や、身体のどこの筋肉が動いているか等)
それに比べれば「今、力が抜けていて楽だなあ」は誰でも簡単に分かりやすいです。
だからこそ、「達人」「音に対する感性が優れている」ことに価値が生まれます。

脱力に対する現時点での結論

これまでの記事で、脱力については
力みに至る思考」と「本人が脱力しようとしなければならない
点について書きました。

今回の気付きにより、
「少ない労力で大きな力を発揮しているかどうか」
が脱力するためのチェックポイントに追加されました。
(脱力する時間がない場合は、そもそも頑張っていなければよい)

高速道路を走る際は排気量の大きい車の方が楽であるように、
演奏においても余力を持った状態で取り組むべきです。
つまり、理屈の上では、下記を達成すれば力みません。
筋肉が固着してしまうほど大きな力を出す状態を作らない
=大きな力を小さい労力で出せるようにする

要は、正しいフォーム、効率的な身体の使い方が出来ているか
というだけの話です。
当たり前の話と思うでしょうが、能力の向上に終わりはありません。

今回の記事は以上となります。

最後までご覧いただき、誠に有難うございました。