演奏技術

練習の目的と段階を考える。

最近、自分自身の練習の効率の悪さに気が付きました。

「なぜ効率が悪いのか」を考えたとき、練習に対する目的意識が欠如していることに他ならないと思いました。
更に「練習する目的」を考えたとき、それ自体は4つのステップしかないのではと気が付きました。

自分が今「どのステップの練習をしているのか」意識することで、やるべきことが明確になり、大幅に練習の効率は上がります
今回の記事ではその4つのステップを紹介します。

  • ステップ①譜読みと運指の決定
  • ステップ②暗譜と技術的なチェックポイントの確認
  • ステップ③曲の表現に必要なレベルへの技術向上
  • ステップ④音楽的な表現の掘り下げ

4つのステップ

ステップ①譜読みと運指の決定

曲を弾くに当たり、まず始めに行うのがこのステップです。
楽譜に指定されている運指で曲を最後まで弾いてみます。

ありがちなのが「冒頭は弾けるけれど、曲の途中からは譜読みが終わっていなくて全く弾けない」状態です。

自分は今「ステップ①にいる」という意識が無いので、この先に登場するステップと状態を混同しているため、いつまで経ってもステップ①が終わりません。

弾けるところだけこの先のステップを当てはめても良いですが、演奏が止まってしまう部分(譜読みが終わっていない部分)は「演奏」ではなく「譜読み」の意識を持つべきでしょう。

そもそも、譜読みの段階は「ゆっくり止まらず弾く」ことが重要なので、曲の冒頭だけ速く弾いて弾けない部分でゆっくりになるのは避けたほうが良いでしょう。
弾きにくいところを遅くするのが癖になってしまうかもしれません。

楽譜に付けられた運指で弾き終わった後は、弾きにくい箇所や音楽的な要求に合わない箇所の運指を変更します。

私は運指をすぐに変えてしまうタイプなのですが、後のレッスンで先生から「そこは楽譜の運指のままの方が良い」と指摘をもらうこともありました。
タレガやセゴビア等のギターの達人が運指を付けている場合は、特に良く確認するようにしましょう。
私はセゴビアの運指はすぐに変えてしまうタイプなのですが、運指を変える場合でもセゴビアがその運指を付けた意味を理解するようにします。(自分への戒め)

ステップ②暗譜と技術的なチェックポイントの確認

ステップ①が終われば、即暗譜をする段階に入るべきだと考えています。
暗譜は機械的にするものでなく、以下のような音楽的要素を手がかりとして記憶していきます。
(ステップ①の後なら、骨格としての最低限のリズムの把握は完了していると思います)

  1. 旋律(メロディや内声を音名で歌う、変奏した場合の違いを確認する)
  2. 和音(主音や属音、明暗、トリトヌスを含むぶつかる音があるか等)

この音楽的要素に関して、音大等で音楽教育を受けた方はより多くのチェックポイントを持っていて、より楽譜を記憶へ定着させやすいのではと思っています。
羨ましいところです。
(境遇のせいにせず勉強しろよ、という話です)

曲によって異なりますが、最小限のフレーズ単位(1~2小節が多い)を覚えたら、「譜面を見ずに弾いてみる」のが良いでしょう。
暗譜で弾けたら「また次のフレーズを覚えてテストする」を繰り返して楽譜を読み進めます。
弾けなかった場合は楽譜を見てどこで自分が詰まったのかを具体的に分析します。
受験勉強のようなやり方でストレスが溜まるのですが、ストレスは人間の成長(この場合は記憶)を助けてくれます。
ストレスに関しては別記事を参照下さい。

この方法で、1時間でA4用紙1ページ分はおぼろげな暗譜が出来るようになりました。
プロの場合はもっと沢山記憶出来るのでしょう。

不満に感じているのは、この方法で頭の中に作った楽譜は取り出す際に遅延が生じるので、速いテンポの曲は速度を落として弾かねばなりません。
しかし、練習の早期の段階で楽譜が頭に入っていることは安心感があります。

暗譜をしながら、並行して技術的なチェックポイントの確認を実施します。
ここで確認した箇所は次のステップ③に役立ちます。

ステップ③曲の表現に必要なレベルへの技術向上

ステップ②を終えた状態では「何となく通しで曲が弾ける」ようになっているかと思います。

そこで、このステップ③では「曲の上手く弾けない部分」を練習します。
以下のようなことがあると思います。
(全ては書けません)

  • 和音が押さえられない、押さえ替えが出来ない
  • ポジション移動でミスが多い
  • 力が入ってしまう箇所がある
  • スケールやアルペジオが弾けない
  • 和音の右手のセットを間違う

「曲の上手く弾けない部分」がどうして弾けないのか、細かく分析してどの段階にミスに繋がる要素があるのかを考えます。
例えば、以下の要素があるでしょう。

左手
  • 型(基本のフォーム)が出来ていない
  • 指先の動きで押さえようとしている(腕の動きを使っていない)
  • 腕の重みで押さえていない
右手
  • 基本の動きが出来ていない
  • 無駄な動きが大きい
  • プランティングでなく空中から振っている
  • 脳内での弦の位置のマッピングが間違っている

原因を分析して練習することで、大きな成果を上げることが出来ます。

右手にも左手にも、全く不安が無い簡単な曲であれば、このステップ③は省略してステップ④に進むか、他の曲に時間をかけたほうが良いでしょう。

ステップ④音楽的な表現の掘り下げ

ステップ②の暗譜の際に行った音楽的分析やレッスンで受けた内容を元に音楽を掘り下げます。
内容は無限にあるので、ここでは書くことが出来ません。

技術と同樣に「どう音楽を深めるか」を考えて、ピンポイントで原因にフォーカスしていくとはっきりと自分の演奏が変わっていきます。

スポーツ心理学では「過剰補償」という原理があります。
これは必要なスキルを必要以上に習得することを意味しています。
これは、実際に弾く以上のテンポを練習しておく等の技術的なことだけでなく、音楽表現にも言えることと思います。
練習では「こだわり過ぎ」と言える段階まで音楽を作っておきたいところです。
(ググっても、スポーツ心理学の過剰補償が出てこず、アドラー心理学の過剰補償しか見つかりません)

目的ばかりが優先で楽器を弾いて楽しいか

私がこのステップを考えたとき、練習(楽器を弾くこと)がつまらなくなるだろうと想定していました。
「譜読みをするんだ」と思うよりも「初見でバーッと弾き散らす」方が楽しいし、「覚えようと思って練習」したら「曲の良さにのめり込む時間が減る」だろうと考えていました。
「弾けないところだけ取り出して練習」もいかにも面白くなさそうです。

楽しさだけで練習する段階は終わり!イバラの道を行く!と決めたのですが、上記の4つのステップにはそれぞれの楽しさがありました。

  • ステップ①譜読みと運指の決定
    このステップを早く終わらせておけば、曲を通して弾く楽しさがある。
  • ステップ②暗譜と技術的なチェックポイントの確認
    意図的に暗譜すると、自分が沢山曲を覚えていくことに対する喜びがある。
  • ステップ③曲の表現に必要なレベルへの技術向上
    前は弾けなかったはずの箇所が弾けるようになったことへの感動がある。
  • ステップ④音楽的な表現の掘り下げ
    ステップ②の暗譜で楽譜の分析を行っているので、曲が本来持つ表情を引き出して演奏出来る。

曲の即物的な良さばかりを楽しんで、すぐ飽きてしまっていた頃に比べると、段階を意識した練習の方が余程楽しさがありそうです。

以上で今回の記事を終わります。

上記のステップを最速で行うことが出来れば、本番前1周間前から曲を仕上げることも出来るかもしれません。

曲を早く仕上げなければという焦り(ストレス)に翻弄され、がむしゃらに取り組むのではなく、効率的に練習を重ねたいと思っています。

最後までご覧頂き、誠に有難うございました。